ごあいさつ

皆さん、こんにちは! 芳賀道也です。

 これまで日本は戦禍から立ち上がり、地域を立直し、経済を復興し、飢餓や貧困を克服し、平和で豊かな社会を実現して、世界で名誉ある地位を築いてきました。

 ところが今、子供の貧困率が世界有数、山形でも「子供食堂」が必要とされ、満足に食事も取れない子供達がいます。
 我々がめざしたのはこんな社会ではなかったはずです。共に助け合い支え合い、一人ひとりを幸せにする当たり前の政治を取り戻さなければなりません。

 私は、山形に生まれ育ち、山形県全市町村をアナウンサーとしてくまなく取材し、県内に、そして全国に発信してきました。地域の大切さとそこに住む皆さんの気持ちに触れてきました。

 地域社会が後回しにされ、大企業と政権に近い者だけが優遇される政治を終わらせ、地域が輝き、日本のどこに住んでいても一人ひとりが豊かさを実感し、夢を実現するチャンスをつかめる社会、人を幸せにする政治を皆さんと一緒に実現しましょう!
 デタラメな政治を止めるため、「今の政治、ちぇっとおかしい」と感じているすべての県民の皆さん、私、「はがちゃん」に力を貸してください。

 今の政治「なんとがさんなね!」


プロフィール
はが道也